両地が接合点を見つけると、協力はさらに各方面に広がることもできる

早くも2003年、襄陽は湖北省に省域副中心都市として位置づけられ、初めて国家レベルの支持を得た。考察期間中、朱是西氏は、襄陽は省域副中心都市建設の先駆者であり、模範者であり、南陽が省域副中心都市の建設を加速させるための模範であることを明確に指摘した。 両地も協力的な遺伝子を欠いていない。朱是西が言うように、両地には『漢江生態経済帯発展計画』の政策基礎があり、また『南船北馬、通江達海』の歴史が敷かれており、中部地区が率先して台頭した『南襄双城記』を上演する見込みである。 競歩から合へ どのように協力してサイフォンから脱出するのか。まず重要なのは、両地の「共通の話題」を見つけることだ。 これまで、襄陽と南陽は何度も「ライバル」のイメージを示してきた。2012年、同じ省内GDP第3都市の襄陽と南陽は経済総量における「追いかけ合戦」を上演したことがある--長年遅れていた襄陽は、164億6000万の差で逆転し、昨年までの差は967億2100万元に拡大した。 経済格差は逆転しにくく、より激しい争いが他の分野に現れている。 2003年、人教版中学国語教材に「隆中対」を再収録し、「隆中、山名、現在の湖北省襄樊にある」と注釈を加えた。そして、『出師表』の「南陽」を「現在の湖北省襄陽一帯にある」と注釈し、南陽万人の署名を集めた抗議活動を引き起こした。 秦尊文から見れば、一連の事件はかえって「目玉経済」となり、2つの都市が共有する文化IPをより多くの人に理解させた。文化資源は共有することができ、交通資源はさらに「それではない」という感じがする。 「ゼロサムゲーム」を打破するには、交通の問題は解決せざるを得ない。 秦尊文から見れば、今回特に言及された運航協力は、まさに有効な突破口である。漢江流域では、南陽は唐白河を経由して支流としてアクセスしている。漢江航路が開通した後、唐白河航路の開発を通じて、南陽は漢江を通じて独自の出航口を持つことができ、これも豫西地区の唯一の出航口である。 その上で、鉄水、江海連絡輸送、襄陽と南陽を通じてそれぞれの鉄道の優位性を発揮し、転位発展を実現することができる。例えば、区位の特徴を利用して、北から西安まで、鄭州の貨物は南陽で集結することができて、南から武漢まで、広州あるいは東南アジアの貨物は襄陽で集結して、長江水道を再利用して寧波に通じて、上海、2つの都市の区位を大幅に改善することができて、物流コストを大幅に下げて、協力とウィンウィンを実現することができます。 両地が接合点を見つけると、協力はさらに各方面に広がることもできる。 例えば、航空分野では、秦尊文は「共有航路」を構想している。「現在、両市の空港には便数が少なく、規模が小さく、旅客輸送量が低いという問題があり、空港の利益が悪く、悪循環に陥る可能性もある」。彼は、双方が連動して、時間を間違えてシフトし、空港間に専用線を開通することで、全体的にフライトの密集度を高めることができ、同時に客源を統合して、2つの空港の良性発展を推進することができると述べた。 物流の優位性が向上した後も、地元の産業の発展を助けることができる。「例えば自動車製造、新エネルギー、新材料などの産業は、双方とも少し基礎があり、特に襄陽には『二汽』があり、南陽もいくつかの試みをしており、両者は転位の規模化の発展を模索することができる」。

 両地が接合点を見つけると、協力はさらに各方面に広がることもできる

打造新“万亿” 与大多数省域边缘地带的城市大多为省份经济“洼地”不同,如今襄阳和南阳在各自省内GDP分别位居第二,第三,在此背景下,两者被赋予了建设省域副中心的任务。从某种意义上来说,南阳和襄阳的“抱团”注定与一般跨省合作有所区别。 纵观大部分城市跨省合作,要么是位于边缘的强市辐射邻省弱市,最为知名的是因与安徽马鞍山,滁州等城市关系密切而被外界戏称为“徽京”的南京;要么是弱市之间互相取暖,通过合作往往能“绝境逢生”,为各自谋得一份新的“出路”。 令秦尊文印象深刻的是,位于湖南和湖北边界的龙山,来凤两县。两县相向发展,不仅获国务院批复设立龙凤示范区,两县取得“十个一体化”建设丰硕成果,并且,当龙山在长沙帮扶下修建“长沙大道”后,也引起湖北注意,一条在武汉帮扶下修建的“武汉大道”最终落成。 但对于南阳,襄阳二市,难以通过帮扶全面发展,更重要的是,如何用好各自现有优势,寻求突破。 事实上,两座城市有得天独厚的发展条件。其所在的南襄盆地,四周被群山包围,由此形成了内外明显的经济差距——在老少边穷的山区包围下,两座城市坐拥一方沃土,适宜耕作,直到现在,南阳的农业仍然发达。而在群山隔断下,两座城市山水相连,人文相亲,也有着合作的文化基础。 眼下,两座城市到了打破盆地思维的关键时刻。 如果将视线放至整个中部版图,一个明显的“空缺”摆在面前。据秦尊文分析,在中部六省中,以省会城市为代表的发达城市基本靠近省域东侧,西侧常常是偏落后的区域。中部崛起目的在于全国东西的协调发展,这就意味着,在中部衔接西部的区域中,需要挺起一个极核。而当南阳和襄阳合作后,能够担此重任。 “中部地区原来有6台‘发动机’,就是6个省会,南阳和襄阳‘抱团’后,GDP将超过9000亿,且有望冲击万亿。这样就形成了一个新的增长点,能够更好地带动区域的发展。”他指出。


1f

发表评论

Copyright 2002-2022 by 天天顺物流供应链官网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.