”哎,我们都拿他没办法(唉没办法呀)(那我也没办法呀)

就在这时,天空中突然刮起了很大的风,将雾都吹到十万八千里去了。 雾消失后我心想,雾是多么的神秘呀!来无影,去无踪,希望以后出现晨雾的时间不要这么短,让我玩够了,再匆匆离去。 有多少诗人和作家歌颂大自然是令人着迷的。一大早,我来到外面感受大自然的诱惑。 我见过茫茫大雪,享受过细雨,但我很少看到如此迷人的晨雾。晨雾覆盖大地,没有一丝缝隙。虽然在大雪中不壮观,在小雨中徘徊,但它显示出独特的温柔。她爱抚你的脸颊,就像慈祥的母亲爱抚她的孩子一样,给你一种柔软湿润的感觉,唤起你的回味,让你陶醉。它就像一个白色的窗帘,覆盖在山河树和房子上,没有任何装饰图案,给人一种简单的感觉。像仙女一样,她总是用一层薄薄的白纱,从不画眉毛,也从不追求美丽。然而,她有一种纯洁和魅力。一束红光出现在东方,这让我回想起了自己。 在橙色的日出中,一轮比圆盘更大更可爱的红日从冉冉升起。太阳散发着柔和的光,覆盖着一层轻纱,悬挂在东方的天空。她像一个拥有无穷魔力的神仙,把周围的云变成迷人的波浪。像大力士一样,他推开周围的云,猛地跳出了大海。像活泼的孩子一样,他们带着喜悦的微笑向前走。 太阳慢慢升起,雾渐渐消失。花朵和植物的叶子包含着晨雾留给大地的礼物,在阳光下,它们变成了无数晶莹的珍珠。 记忆里的早晨大多都是一个模样,高楼,山,云雾,简简单单。 就这么白灰白灰的一大片,看不清房子,看不见天,像夜晚似的没有一点动静,耳中只听得到自己的洗漱声和姐姐翻动书包的声音。 因此,说夜晚比早上还热闹也不为过。 每日的心情也就这样。匆匆忙忙碌碌无为,忙完自己该做完的事情,应付完该应付的人,然后上床用被褥捂住自己的头和全身顺其自然的睡去。就像那清晨被遮住的天,微弱得可有可无的光芒,毫无生气的地方。 拉扯着书包带脑中空白地走上教学楼,不时停下来揉揉还未适应的眼睛,在不知不觉中根据习惯走到教室。机械似的放下书包,搬下倒放在桌上的椅子,坐下来,伏在桌面上发呆或是闭目养神。 没有人,没有人。 就这么让空虚感附上全身。 突然间耳旁再不是安静的,平凡却又有节奏的脚步声传到耳中。 忽的睁开眼睛,金色而温暖的光借由窗户和室外高树叶间的缝隙落进来。雾不见了,映入眼帘的是蓝的天空,混着朝霞的红光却让人感到舒适,从进来便顺手半关了的门被打开,吱呀声有点刺耳,但不那么令人烦躁。

不知何处传来声声鸟鸣和人们的喧闹声,同样让人愉悦的还有那家伙跑过来的身影,以及那夹着笑的,“早上好。” 这不是什么华丽的壮景,仅仅只是某个人的眼睛所看到的一切。 也是,一天真正的开始。 当你度过了一个漫长的黑夜,又一次睁开双眼去面对大千世界的时候,便意味着新的一天的开始——晨的到来。 俗话得好,一日之计在于晨,“晨”是美好的。走进大自然去领会清晨的美,是一种独特的享受。“晨”有一种难以言喻的如烟,如雾,如云的朦胧。这种朦胧总会使人发自内心的钟情。 看那远山迷迷茫茫,巍然盘踞于大地之间,像一条静卧的巨龙。给人一种既严肃又神秘的感觉。再看那一排排绿树,树干清瘦几乎不见,而树冠则一片绿色,还真有些“空中花园”的感觉。远处那条小河,看上去就更为神奇了,水面弥漫着薄雾,就如一条青纱罩在上面,走到小河边捧一把清水,湿润一下脸颊,顿时有一种清新的感觉涌遍全身。刹那间,仿佛置身于一个优美的仙境,你会体验到,悠悠天地的苍茫与辽远。一位学者曾经说过:“最熟悉的东西,往往是最不认识的东西。”我忽然觉得世界万物就是这样。正因为每一天都有“晨”,所以人们很少留意它,也就不容易发它独特的美。 晨,代表着清静与纯美,也代表着人生的一个个新的开始。 “盛年不再来,一日难在晨。及时当勉励,岁日不待人。”陶渊明这首诗告诉我们一定要珍惜少年时。努力进取的人们便不会忘掉过去的一切荣与辱,珍惜我们人生的晨,奋发向上,让我们未来的人生更加灿烂辉煌! 雨,忽缓忽急忽飘忽洒忽停地下了一夜,在黎明即将来临之际悄然停住了。雨后忽晴,碧空如洗。我带着浓浓的兴致,踏上了森林里那曲折幽深朦胧的山径。 四周满溢着泥土的芬芳,混杂着草香花香,使人精神振奋,心灵也为之触动。那些露珠像散落的珍珠,圆圆的亮亮的润润的滑滑的,像是满天星斗,挂在树枝上和草叶上,闪闪烁烁熠熠生辉。走了并不远,但我的衣襟已被湿润的露珠沾得湿漉漉了。 霎时,那里的风景吸引了我的视线,弥漫森林的云雾啊!早晨的晨雾似乳白色的薄纱,如梦如幻,如诗如画,挥不走,扯不,斩不断,挡住了我朦胧的视线。山披着雾,雾笼罩山尖,围绕山间,绿色里透出来的是

白、白の中に包まれているのは緑で、白い霜をかけた緑のブドウのようで、緑の中に白く透き通った山水画のようです。だんだん、太陽は幾重にも真っ白なベールをはがし、燦爛とした照射を塗って、だんだん白い糸を脱いで、燦爛とした真珠をつけたドレスに着替えた。きらきらと輝く一面は、その光を屈折させ、リズミカルな輝きを鼓動している。私は思わず目を凝らして、見ていると、山々は静かに深緑色の長いドレスを着ていた。日光は彼女の美しい体を囲んで、彼女のために金色の光を描いて、人をうっとりさせる風景線を描いた。 その時、光り輝く太陽の光が私の目に斜めに差し込んで、私はまばたきをして、目を細めて、この太陽の恵みを眺めて、心の中に聖なる感じが湧いてきました。 この時、この美しい森の中で、私は興奮して、私は心の底で叫んでみたい:森の朝、あなたがいる毎日は晴れています。 天気は晴れたとはいえ、空はまだ灰色で少し低く見えますが、太陽は先日よりずっとよくなりました。太陽を見て、気持ちがずいぶんよくなった。 机を整理して床を引きずったら、家は雨に洗われたばかりの街のように、清潔でさっぱりしていて、座っていても気持ちがよくなったような気がします。一人の家にはいつものにぎやかさと雑音がなく、パソコンが開いていて、スピーカーの中にはよく知っていて美しい音楽が流れていて、急に何をすればいいのか分からなかった。 太陽の光がぽかぽかと入ってきて、少し眩しいですが、やはり気持ちがよくて、貪欲に朝の新鮮な空気を吸って、精神もずいぶんよくなりました。 ベランダの後ろの一鉢のつる蘭はここ数日とてもよく育っていて、抽出した茎の葉は一日で大きく成長することができて、今の気温もちょうど良いかもしれなくて、毎日かけた茶葉の水を加えて、それを更に青々と成長させて、端の一鉢の薄いハスの葉も同じように青々とした緑地は生命の成長を展示しています。 音楽の音を大きくしてベランダから外を見ると、街の車が秩序正しく行き交い、頭上の3階に長年生息している鳩もグーグーと鳴いていた。玄関にあるユーカリの木はすでにその深い緑の色で、整然と機械的に立っていて、新しく取り付けられたきれいな街灯もその情熱を収めて、静かに日光を楽しんでいます。庭のセメントの地面もわざと洗ったように、すべてがほこりに染まらず、花壇のそばの万年青は相変わらず緑で、いくつかの月季とカンナも秋雨に降られて昔のあでやかさがなくなったが、やはり太陽の下で静かに咲いていて、かえって秋に少しあでやかさを加えた。 すべてはそんなにきれいで、空気もそんなに清新で、雨上がりの秋の朝の清新さの中に清涼、美しい朝、美しい一日の始まりを挟んでいます。 雨はやはり過ぎて、太陽も出てきて、すべての生命はすべて太陽の下で成長して、時間は足どりを止めることはできなくて、すべては依然として忙しくて奔走しています。 座って帰ってきて、音楽も続いています。 秋の朝は一番美しいです。

渐渐地,秋天到了,天亮得也晚了。早上出门上学,天总是灰蒙蒙的。路旁的大树正沉睡者,红绿灯还在不停地指挥着,排排路灯发出微微暗黄的光,偶尔还有几辆车开过,一切都是那么寂静。一路上,两排绿树总是依着我们,微风也在渐渐吧大树唤醒。这时天还是黑黑的,只透出一点淡淡的蓝。一阵微风吹过,两旁的树木懒懒地摆了摆手,说:“再让我睡一小会儿。” 一路观赏着美景,不知不觉中竟已经来到了学校。 下了车,抬头望天,这时已经蒙蒙亮了,天上还挂着几缕黑云。隐约透出了几点蓝色的天,整个看上去活像一张笑脸。候上几分钟,校门便开了,学生们一拥而入。踏入学校的大门,瘦小望见的便是那条八米见宽的道路,两旁高大葱郁的树木,如两排擎天的大伞随着道路延伸至远处。 校园静悄悄的。突然一点红色从东南方向露出,然后射出几缕金色的阳光。刹那间,整个天都变得蓝了,太阳渐渐露出了额头。当太阳把半个红润的大脸蛋展现出来时,整个世界似乎变得生机勃勃——树渐渐地透出了深绿,然后懒洋洋地打了个哈欠,开始了新的一天;天上的几行大雁从头顶飞过,好像正与这相伴已久的景色告别,然后向南方金发;就连我们学生,也活力四射了起来,校园内响起了朗朗的读书声。当太阳整个显现出来时,像个害羞的少女,给大地铺上了一层金黄的地毯,向着沉睡了一夜的人们宣告着:新的一天开始了! 啊!我爱你,秋晨! 我深深地深深地爱着你…… 秋,来了;带着那丰收的气味儿,来了。每当天边泛起一层鱼肚白时。我都会准时站在稻田边,感受那秋的气息。 哦,它们又来了——雾们,穿着轻纱,悄然来到田间,深吸一口稻香,继而四散开来,将原本金黄的稻田装点的格外。金黄的稻谷在白纱似的雾霭中时隐时现,说不出有多么迷人。白色的雾气挑逗着稻子,稻谷们可受不了了,都娇羞地低下了那沉甸甸的穗儿。 渐渐地,雾越发的浓,像一匹白色的匹练,随着风儿在田中玩耍。时而在棵棵水稻间穿行;时而包裹着稻粒,轻轻地拨弄着;时而在田野上空徘徊,弄得那金色的波浪时不时地摇曳。 雾,调皮到极致。一会儿缠上我的指尖,一会儿钻进我的衣领,一会儿又围着我打转,真是不肯消停!它化成一只大手,带着我,叫我领略那种朦胧的美感;它带着我,漫步在稻浪中,谛听自然的絮语;它带着我,让我在这片黄金之中,遐想无限…… 风轻悄悄的,稻金灿灿的,雾白蒙蒙的。闻着稻谷的清香,带着万分的不舍,雾回去了。

太阳探出了那烧红了的铁块相似的脑袋,给了万物一层金边。稻子也不例外,本是金黄的水稻,在霞光的渲染下,跟加地如梦如幻。不一会,太阳都升上来了,那层美轮美奂的霞光也收敛起来了。太阳也收复了那夺目的金光,一切都恢复了平静。是汽车那令人作呕的尾烟;这句话的意思是:悦耳的鸟鸣声,也被汽笛声所代替。只有那一片金黄的稻浪,依旧在风中摇曳……悄悄地,悄悄地,夏姑娘走了,秋姑娘迈着轻盈的脚步走了过来!清晨,我打开窗户。呀!雾はこの静かな小村庄を包んでいる。外面一片白茫茫的,这雾一会变成一个巨人,一会变成一大团棉花糖,一会变成一层薄纱……雾可真像个百变怪!在乡间,一切都是朦胧的。近处的人家,是在天上相似的如诗如画;远处的树林,在雾里时隐时现,仿佛是一片世所桃园,触不可及。田野上,小路边,隐隐地听到了收音,隐隐地看到了人们忙碌的身影。太阳出来了,雾也渐渐散了,我踏上了上学的路程。天边的云彩被渐渐升起的太阳映红了,与蓝天相映。太阳像饱饮了玫瑰酒一样,醉熏地溢出光与彩。小白菜红枫橘树都显着可爱。一阵风吹过,田里的水稲由此起彼伏,就像一片金色的带着清香的大浪向你奔腾而来。田间的一切都像是秋日喜欢的,充满了生机,一点也没有秋日的凄清。小花小草上都带着一点白色的细霜,在太阳下,像玉屑银末一样闪闪发光,植物们被霜一打,明显更鲜艳:枫叶更红了,苜蓿更绿了,小草更蓝了。当然,枯叶也有。在小路上,梧桐树的叶子纷飞落下,落叶飞舞着,就像一只黄蝶。银杏林一片金黄,风儿走过,银杏叶落下,像一把金黄色的小扇子。私は细かく楽しみを拾った。明年春天,它们又将变的郁郁葱葱,秋天也比不上春天了!太阳升起来了,世界就像一幅多姿多彩的风景画。不知不觉,学校已经到了!这就是秋の朝!早朝的湛河,波光粼粼,鸟语花香,岸柳依依,如一幅风景画卷。现在,我和爸爸一起迎接着灿烂的朝霞,也成了一道风景线。

行走在美景里,心情明净而快乐,真想把这一切都画出来。但是,爸爸突然讲起了过去,他说:“以前的湛河啊,河边杂草丛生,垃圾成堆,水质污浊,甚至臭气熏天。”爸爸摇摇头,好像不堪回首一般。“那后来呢 ”我疑惑地问。爸爸说:“后来,市里开始对湛河进行大治理,就像大决战一样,全市各行各业都参加了,当时啊……”爸爸伸手一指,很自豪地说,“这里到处都是机械设备,到处都是迎风飘扬的旗帜,那场面你没见过。爸爸也是工地上一员呢!” 爸爸拉着我的手,缓缓地走在阳光里,河堤上种满了各种花草和树木,放眼两岸,就像一幅长卷一样,斑斓多彩。微风吹来,轻轻地拂过面颊,如同温柔的小手抚摸着我。河边的柳树像亭亭的少女,拿起风儿这把梳子,梳理着长长的秀发。许多小花小草看到我的到来,都咧着小嘴巴朝我笑呢!我和它们合了张影,它们好像更高兴了,摇晃着身子跳起了优美欢乐的舞蹈。 有点饿了,爸爸说桥头的胡辣汤特别好喝。我说那我们一起去喝吧。我和爸爸一边喝着美味的胡辣汤,一边欣赏着湛河的美景,这真是一个美好的早晨呢! 邹晨宇是和我一起上课外辅导班的同学,他特别喜欢嘲笑别人。 他个子矮矮的,淡淡的眉毛下面有一双大眼睛.他鼻子不高,嘴巴大大的。他的皮肤很白,大家常常叫他“小白脸”。 有一次上课,我们写“阅读理解”。写完后,就依次给老师批改。当改到毛振的时候,老师说毛振错了很多。邹晨宇听后,就像发现了“新大陆”一样,立马趴在桌子上,看毛振的书。突然,他大叫一声,说:“毛振怎么错这么多呀1连拼音都错了。”大家纷纷跑过去看。毛振的确错了很多拼音,他错什么我不记得了,不过我知道那是一年级学的最简单拼音。 邹晨宇要开始嘲笑别人了,“毛振真没用,总是错那么多。”毛振听了这话有点伤心了,已经皱起了眉头,可邹晨宇根本没注意毛振的表情,又开始眉飞色舞地说起来:“毛振的一年级算是白读了,连这都会错。”毛振再也忍不住了,眼泪从他的眼里流了出来。我想:邹晨宇呀邹晨宇,你都把别人毛振给弄哭了,我看你现在怎么办,还敢不敢再说别人。 邹晨宇见毛振哭了,不仅没有停止他的嘲笑,还变本加厉,“毛振,你一个男孩子,哭什么哭。”我们都听不下去了,纷纷向邹晨宇“开火”:“你有完没完 别人毛振都哭了,你还 说!”邹晨宇也不高兴了,说:“我说说怎么了 他错了还不能让别人说呀!”哎,我们都拿他没办法。 这就是我那爱嘲笑人的同学——邹晨宇。

早晨,我打开窗户,一股新鲜的空气迎面扑来,万物显得格外安静。整个大地笼罩在淡淡的晨雾中,像罩着银白色的轻纱,给大地添上了几分神秘的色彩。 远处的工厂房子树林都沐浴在晨雾之中,人站在远处,看上去就好像在天上一般,踩着白白的云朵在天空中飘。过了一会儿,太阳公公慢慢爬上了天边,把大地照亮,树上的鸟儿”叽叽喳喳“的叫着,唤醒了在睡梦中的人们,早起的人们有的在公园晨练,有的在路上晨跑,还有的人们在车库前洗着家人的衣服……这时,一阵风吹来,冷冷的向我们打了招呼,于是,树叶儿在”沙沙沙“的为小鸟伴奏,形成了一曲《秋晨交响曲》。 人们都说”桂花十里飘香“,淡淡的花香闻上去都能感到桂花糕的美味,口水也忍不住了,不由得流了出来。桂花虽然没有牡丹那么娇艳,也没有玫瑰那样高贵,但她开的默默无闻,朴实无华,有着自己独特的美,令人心旷神怡!每每看到闻到都能沁人心脾,心情大好。 这是一个普通的秋天的早晨。也许,步履匆匆的人们从未享受过这个秋天静寂儿梦幻的早晨,但是,她的美却像无声的细雨,已经滋润了每个人的心田。在这个丰收的季节里,未来的种子,早在每一个充满希望的心底,开始孕育! 我喜欢秋天,喜欢秋天的萧瑟,喜欢秋天的孤寂,更喜欢秋天的早晨! 大家都知道秋天是一个美丽的季节。秋天的景物也是瞬息万变的。你想知道更多关于秋天的美景吗 那就更这我来吧! 就在上星期的时候,每当我清晨起来,窗户外就弥漫着一层厚厚的雾气,我既然连我们前面一户人家都看不见。就在我打开门的一瞬间,一阵雾气扑面而来,在这些飘来的雾气中还夹杂这一股淡淡的桂花的清香,桂花似乎在和雾气比着:“哼,看看谁的吸引力更大。”正当我走出去的时候,我突然发现伸手不见五指!时间正在慢慢地走着,过了一会儿,雾气似乎散了一点,这是我又打开了门,看见雾正在和桂花玩着,雾气一会儿把桂花遮得严严实实,一会儿又让桂花黄色的小花露出一点儿,活像一个魔术师,忽有忽无。又像一个顽皮的孩童,和你的眼睛做对,偏要让你的眼睛归顺与他,让你看的见得见就看,不让你看见就不让你看见。

大约在8点左右,武雾气差不多散光了,太阳出来了,照的云像火烧云,天空的颜色也非常炫丽,也都变成了红色,那红色一条一条的,非常流畅,相依段红色的丝绸悬在天空当中,让刚起床没看时间的人以为是傍晚了,天空又像一个魔术师,一会儿让天空变成红丝绸,一会儿又变成一杯纯牛奶,让人看了口水直流。这是云儿也非常调皮,短时间变出了各种各样的形状,让心情不好的人马上心情好,当然云儿变出各种各样的形状也要风儿的帮助,风儿一吹让人们立刻凉爽起来。 怎么样 秋天的景色美吧 有的人喜欢绿草如茵的春天,有的人喜欢烈日炎炎的夏天,有的人喜欢漫天飞雪的冬天,而我最喜欢的是那秋天的早晨,总能带给我无限的惬意。 看完了菊花,我漫步在林荫小道中,小道两边种满了枫树,远远望过去,就像一簇簇在燃烧的火焰,十分壮观。正当我在享受大自然时,一片枫叶就像只翩翩起舞的蝴蝶一样,落在了我的鞋子上,也许这就是一叶知秋吧!脚下是一些不知名的树的枯叶,走在上面,就像走在一条很长的软绵绵的地毯上,舒服极了。 不知不觉中,太阳已经露出了半个头,余光映红了天上的云朵,给它们穿上了一件橙红的外套。微黄的阳光斜射在我的身上,顿时感到温暖无比。渐渐地,太阳公公像负着重荷一样,在慢慢往上爬。小溪像喝了酒一样,醉醺醺地涨溢出光与彩。此时太阳已经由橙红转为橙黄了,像小朋友的脸蛋说变就变。 你们想不想也见识一下这美丽的秋晨,充满惬意的秋晨 早上,天微微亮,露出一点霞光,我如往常一样向学校前行。 道路两旁的梧桐树或是叶片金黄或是稀稀疏疏的飘落。遍地的金黄像是一块地毯,在这清冷的早晨,也只有他带点阳光。太阳慢慢移动了一点,方才的霞已经变成火焰,红的要将天空烧起来似的。离太阳近点的云层中间射下一缕缕阳光,远点的则露出点淡淡的粉色,由内到外露着一股羞涩。我的视线模糊了,遍地的梧桐叶和漫天的朝霞仿佛已经融为一体,这真是秋天最美的画卷! 太阳稍稍升起来了,此时在田野里游窜的雾就像被染了色一样,这美好的瞬间不过一眨眼,半空中的水汽都被太阳蒸发掉了,雾也随之消失。此时田野间的房屋才露出真实的模样,金黄的秸秆上带着些方才侥幸残留的露珠,已看不见它的形态,只是摸上去略微有些湿润,轻轻放到鼻子边一嗅,便有了一股自然的气息,远离城市的喧嚣,这清香才最朴实。

我望向窗外,道路两旁的树木飞快的奔跑,一声声响亮的汽笛,估计前面又堵车了。我下车在这羊肠小路上走着,一整冷风拂来,我不禁缩了缩了脖子,初升的太阳此时又不知躲到哪儿去了。是啊,冬天快来了。 再者硕果累累,充实与忙绿的金秋,饱含这人们的汗水与喜悦,可又有谁注意到那清冷而又美丽的秋晨 那饱含大自然之美的秋晨 恐怕只有少数的几个“诗人”…… 秋之美,晨之美。 眼前出现了惊人的一幕,薄雾从地平线上将旭日托起,整个透明的光悄悄穿过雾的身体,不是那么耀眼,宛如薄纱笼罩着的灯笼,轻轻抚摸着大地。远处望去,除了硕大的太阳,其余就是薄雾,像刚打下的鸡蛋,蛋黄稳稳地居中于蛋清里。过了一会,蛋清开始飘动,散开。而蛋黄趁这个机会,慢慢的隆起。不一会儿,蛋黄与蛋清完全分离了,不,还有一点,它们的底部仿佛融合在一起,光芒被薄雾反射到天空,碧蓝的天被渲染成了彤彤红,云儿被彩霞从右往左涂成了一只带紫色的绵羊。太阳被云儿呼唤着上去,薄雾们则紧紧缠住太阳不让他走是呀!我也不想让他走,我也舍不得这美妙绝伦的景观。你也舍不得 本是在上学的路上,可是能欣赏如此美妙的景观,我也感受深了。这是秋晨,这是秋晨的阳光,还有秋晨的雾。 早晨起床,打开窗户,浓雾将房子淹没,我感觉就像踩在云霄上。整个村庄无一不浸泡在牛奶之中。汽车缓缓行驶在路中。车灯撞到了薄雾,远远只能照见十米左右。我仿佛可以看见灯光,可又被雾挡住了,像一堵似厚不厚的墙,这雾精灵可真调皮,眼前就是它,可开车过去的,他就一直往后退,车开多少,他退多少。他挑逗着我:“你来啊,你来啊!” 雨是最寻常的,在秋天的早晨,最妙的是下点小雨呀!“滴滴答答”小雨珠从空中落下,弹跳到树叶上,随即以一个优美的线条落入土中,成为花草的养料。 秋晨是最美的。 春夏秋冬,四时交替。脾气暴躁的夏哥哥已被性格温和又总替人们着想的秋姑娘劝走,开启了秋之门。 秋之晨更是不同于其他三季,春暖夏热冬寒。而秋则更侧重于清凉。清晨,走出房门,呼吸着清新的空气,闭上眼细细体会,那田中的稻子的清香与泥土的气息混合在一起,又似乎带着些凉意。伸了伸懒腰,凉丝丝的风抚摸着我的脸庞,像妈妈洗过碗后的手,凉却轻柔,之后又捋了捋我的发丝。

该晨跑了。忽见道路两旁的树叶儿黄了,心中不免有些落寞,但转念又想:“落红不是无情物,化作春泥更护花。”大概秋叶飘零也是如此吧!被秋染黄的叶儿在风的吹拂下“沙沙”作响。瞧,那片调皮的小叶儿如蝴蝶般翩然起舞,或许它还太小,十分依恋大地妈妈的温暖怀抱吧,既然已经离开了枝儿姐姐,就迫不及待地躺在了妈妈的怀中,安然入睡了。继续向前,眼前浮现出的则是一幅金黄的画面:稻儿成熟了,沉甸甸的穗子使得它们弯下了腰。微风吹过,它们摇晃着身子,好像是在欢迎我呢!而我也沉浸在这稻浪与稻香之中,不忍离去。 回味着刚才发现的秋晨,我回到了家中。 我爱这风光旖旎的秋晨! 秋,伴着绵绵细雨悄悄地来了。秋风扫过树上的叶子,飘落下来在空中飞舞,像一只蝴蝶在翩翩起舞。落叶跌大地铺上了一层金黄的地毯。 秋的早晨,空气中伴随着果实的香味和金桂的气息,沁人心脾。稻田上笼着一层薄雾,似一条白绸,一路白烟,轻轻覆盖在稻田上。秋风掠过,稻子像海浪是的,翻滚着。扑打着,稻子们一个个低着头,向一位上了年级的老爷爷,住着拐杖,清晨的阳光轻轻洒向那一层笼罩在稻田上的薄雾,那层薄雾似乎被染上了一层色彩是的,显得安静和谐。 农田里的玉米,高梁都已经成熟了,高粱的脸红了起来,向一位醉酒的汉子。玉米也咧开了嘴。棉花也撕开了自己的外套。农名一个个在田里忙着,弯着腰,低着头。公园里,菊花亭亭玉立,在晨风中傲然挺立,有红色,白色,黄色等等红枫被秋这个魔术师染了色,远远看去,似火烧一般,这正是“霜叶红于二月花”。踏上被落叶覆盖的小路,脚下传来“吱——吱——”的身音。果园里,苹果被秋风吹得穿上了红袄,想可可红糖果挂在枝头,柿子则像一个黄灯笼挂在树上,葡萄似颗颗水晶…… 秋,在这个金黄的季节,浸透着果实成熟的芳香,浸透着金桂的飘香,更浸透着农名伯伯们辛勤的汗水…… 秋,你迈着轻轻的脚步来临,也迈着轻轻的脚步去了。 秋天的黎明时分,四下里一片寂静,听不见一丝声响。向远处望去,只看见丝丝缕缕的乳白色的薄雾,悄悄地从花草间漫到树林中,在家家户户的房顶上无声无息地流动着,翻滚着。深秋色的天幕上,几颗星星毫无表情地眨着眼睛。 过了一会,天边渐渐发白,太阳微微探出脑袋,露出小半张通红通红的圆脸。浓雾在慢慢消退,瞬间,又潮汐似的涨了过来,整个田野一下子全笼罩在白茫茫之中。太阳此时变得朦朦胧胧的,像褪了色的红纸,毫无光泽地贴在公路尽头的那片白杨树林里。

天地の間はどんよりしていて、東西南北の区別がほとんどつかない。歩行者は舞台の上のスポットライトに覆われているように、どこに行っても、濃い霧が冷たい美人のように漂ってきて、避けて、前に回って、軽い糸のような細い指であなたの顔をなでて、あなたの髪をかき回して、あなたの服を引っ張って、急いでも間に合わないし、振りたくても振り切れない。 ついに、真っ赤な太陽がそのポプラの森から飛び出し、赤い提灯のように青々とした空にしっかりと懸かって、彼の一日の新しい旅が始まった。天地はたちまち誰かに無限の希望と無限の力を注ぎ込まれたように、再び元気を奮い起こした。遠くから、ある人は楽しそうに火照った水郷の民謡を歌い始め、歌声は静かな田野の上空で長くこだまし、朝霧を突き抜けてますます遠くに漂い、天は昇る太陽を抱擁しているようだ。道路の両側の田んぼは絶えず成熟した芳香を放っているが、稲穂にはまだうっすらと朝霧がかかっている。ひんやりとした朝の風が吹いて、中空には見えないポケットが増えているようで、南から北へゆっくりと残った霧もすべて取り込んでいった。 ああ、新しい一日が始まった。なんと魅力的な水郷の秋の朝だろう。 「ぽつぽつ、ぽつぽつ、ぽつぽつ…」春雨は一晩中働いて、疲れて、ゆっくり止んで、休みの準備をしていました。 草は頭を上げて、腰をひねって、体の雨粒を振り落として、あくびをして、ゆっくり呼吸して、朝の体操をしました。 何本かの桃の花が目を覚まして、目を開けて、春雨で化粧品を作って、薄いチークを塗って、薄い口紅を描いて、お互いに見て、笑った。顔はピンクピンクで、もっと酔っ払って、魅力的な小さなえくぼを見せます。 いくつかのいたずらな梨の花、昨夜、春風の誘いに乗って、春雨の付き添い、そっと花の枝を飛び降りて、大地の懐に抜け出して、転がして、かくれんぼに行って、泥だらけになって、今は地面に横になって、甘ったれて痛いとか痛いとか言っています! 鳥たちは目を覚まして、鳥の巣を飛び出して、木の枝の上に立って、分声部で合唱を練習して、あるものは澄んでいて、少し低くて、一緒にいて、互いに利益があって、悠揚で心地よいです。 雄鶏は少しも弱音を吐かず、首を伸ばし、声を清め、「おおおお、おお!」と独唱を始めた。 離れる準備をしていた春雨は、すべてが面白くて、足を止めて、にぎやかになって、雨棚の上で、軽くて、重くて、ぴょんぴょんして、ぴょんぴょんして、リズムをたたいて、興を添える…… 遠くの明かり、近くの明かり、次は明るくなって、1つ、2つ、3つ……黄色の明かり、きらきらして、いたずらにまばたきをしています。 ある春の朝、美しいメロディーの中で迎えられた…… キャンパスの秋の朝、美しい秋の朝! 朝、私はキャンパスの小道を歩いた。早起きした小鳥は、ぴかぴかと、新しい一日を歓声で迎えた。 ほら、芝生の上は何ですか。星が点々と光って、きらきら光っている。「ああ、透き通った露が草の上に横たわって寝ていたのか」「しっ……黙って、そっとして、ぐっすり眠っているのを見て!起こさないで!」

听,在教室里传来了早起床的朗朗的读书声。这本书的声音,好像是太阳公公在梦中醒来,不信你看,天边的太阳公公伸了懒腰,慢慢地从地板上爬起来,露出了通红的笑容。此时,树叶间投下万道金光,洒满了草地,霎时间,露珠儿闪光,似满地闪光的宝石;又像眨眼的小精灵;慢慢地,慢慢地,它们消失得无影无踪。他们去哪里了 我想:他们是在草丛里躲起来的吧 山间朦胧的纱衣 我静悄悄地走过树阴,这时风儿也醒了!听,树叶发出沙沙的声音,就像风儿问好,这声音真美。走近树下,那些静静飘落的叶片,在阳光下,化作一只美丽的彩蝶,静静地跳舞,静静地跳舞,最后又静静地躺在大地母亲的怀抱里;是疲劳了吗 还是要与大地融为一体,孕育出一个美丽的春天 晨读课后,教室里的操场上传来了同学们的笑声,顿时,校园里一片生机。校园的秋晨,真的是一个美丽的秋晨!呵呵,原来张晨管纪律还有一套哩!还有一次,老师要我们向一年级的小朋友介绍红领巾的作用,教唱少先队歌,张晨也跃跃欲试。突然,她发现自己的红领巾不见了,突然哭了起来。后来,我们发现红领巾竟然在她的衣服里,连忙着告诉她,她低下头看,这才破涕为笑呢!她长着一双弯似镰刀的眉毛,一对汪汪的大眼睛,一张一张地说着别人的嘴,乌黑发亮……她就是好朋友—张晓晨。那件事发生在我读一年级的第一学期。第3単元试験卷が発生したのは、同校のみは连蹦跳を喜んでいる。一看,原来是他们都得到了100分。我一定会得到100分的。我的心很美。没想到乐极生悲,试卷刚到我手,我一看,惊得目瞪口呆。那一个鲜红76分我顿时心灰意冷,“啊!天啊!这次一定完成了……”“都是受伤测试时不细心检查,都是……”。

“铃——铃”上课铃响了,大家“刷”地坐到座位上,安静地等待着老师。过了一会,只见语文老师满脸笑容地走进教室。啊!公布试卷了!“李雨婷100分张晓晨100分……”此时此刻,我的心在不经意间“怦怦”直跳,嘴唇在不停地哆哆嗦嗦。放学以后,同学们也在讨论我这次的。试验成绩。这个时候,我真的不知道怎么过,痛苦极了,恨不得一头钻进去一个缝里去了。想起来了,突然跑来了一个中等的小学生,我不耐烦地举起了一手,说:“肯定是跑来取笑我了!”抬起来一看,原来是张晓晨。她对我说:“在遇到困难的时候不要太困难,要去克服困难。”。我的好朋友张晓晨是一个普普通通的小女孩。能成为她的好朋友,真的是一种幸福!人生の长河には、あなたと结びつく人が多い。感情浅的吧,一两年就忘了;刘关张三兄弟那样,出生入死,“有福同享难同当”,“不求同年同月生,但求同年同月死”。哈哈,说得夸张一点,但我和张晨就这样,谁叫我俩是好兄弟呢!张晨这个人啊,说他笨也不笨,说他聪明,也不聪明,也就是半斤八二。我俩说话的时候,总是他说东,我说西,他说南,我说北,总说不一块。不过,只要玩起来,那就来劲了,不过也只能玩“警察抓小偷”。然后玩到最后,就会变成“小盗擒警察”。怎么了 瞧瞧吧。“开始了!”游戏开始。他总会倒三秒,不过,他也会赖皮,经常不数就抓。哎,由他去吧,反正他也抓不到我,我边跑边想。每次,我都会以迅雷不及掩耳的速度从前门走到后门。彼は、私の声东撃西を打ちたい。当他探出头来看我在哪里的时候,我便野驴打滚似的滚到桌子下面。彼が见つかったとき、私はもう深刻に実现している。他又回到教室的时候,也看不到我的身影,只在教室里走,看能不能找到我,然后把我抓起来。当他靠近我的时候,我就猛地站起来,大叫一声,吓得他赶紧跑过去,忘了他是警察。我也忘了自己的身份。就这样,一场“小盗擒警察”的欢乐话剧就开始了……“小盗擒警察”的话剧,每天都在持续,张晨和我的友谊也在每天持续……班报结束在我手中,欣喜若狂。抬望眼。终于呀,这失意与汗水的艰辛,化作成功了,乐在我心……久久凝视报上的编辑人员,我始终无法释怀,因为我很感激她。她是大班长龙沐晨。

”哎,我们都拿他没办法(唉没办法呀)(那我也没办法呀) 热门话题

このクラスの新聞は私が彼女と一緒に作ってきたものだ。QQでの議論から、先生に提案するまで、私と彼女です。一日後、先生は私を名指しでほめ、私の提案を支持した。私はとても喜んで、すぐにやり始めました。 最初は、進行が速く、1週間でレイアウトと2つのレイアウトの写しが完了しました。 週末は大喜びだったが、すぐに来たことで自信を失った。 来週には、コピーやカラーリングなど、いくつかの女性が後続の問題を考え始めています。みんなは論争を始めて、ほとんど一日中争っている。先生はまた期末復習を急いで、みんなにやる時間がないようにした。それゆえ、私は毎日くよくよしていて、心の中にはいつも大きな石が押しているようで、クラスの新聞を考えると、心の中でひそかに悲鳴を上げています。このように、もともと楽しかったことが、突然拷問のようになった。しかし、私がいくら急いでも何の役にも立たないので、みんな気にしない。ある日の午後になって事が転機になった。 その日の午後、私は教室に座って憂鬱に本を読んでいた。すると、しなやかな女声が聞こえてきた。「私たちはクラスの新聞を作りましょう!」目を上げると、かわいい姿が私の目の前に現れた:龍沐晨。私は呆然として、そして感動してうなずいた。 その時から、私たちは散り散りになったチームを集めて、続けてやりました。さらに感動したのは、私と龍沐晨が矛盾している間も、彼女は私を助けてくれたことだ。表面的には私はとても穏やかで、誰が知らないのか、もう涙があふれている。 クラス新聞は手に持って笑ったが、もっと感動した。そのいくつかの字は、私にとってとても重要で、私は長い間釈然としませんでした。 龍沐晨、ありがとうございました。 私の3年生の時、私には秦晨晨という親友がいて、太っていて、笑うとほとんど目が見えなくて、ペンを大切にするのが好きでした。 ある日、秦晨晨と一緒に歩いていて、急に立ち去って、何かあったらついて行ったと思ったら、売店の前に走って、「この消しゴムはいくらですか」と聞いた。「五角です」店主は答えた。そこで彼女はお金を出して消しゴムを買った。「教えてあげない」私は何度も彼女に教えてくれと催促した。彼女は言った「私の家の近くに女の子がいて、とてもかわいそうです。彼のお父さんとお母さんはアルバイトに出かけて、彼と弟はおじいさんとおばあさんのわずかな給料で飼っています。アルバイトに行くしかない……」張珂は彼女たちの遭遇を私に話してくれた。「あの女の子は弟と一緒に万年筆を持っていて、彼らにもボールペンがなくて、鉛筆が少し残っても書き続けなければならない。今日は消しゴムを買ってあげた。明日はボールペン付きの万年筆を買ってあげた」。私は突然何か寄付したいと思ったが、私は言っていない。翌日、秦晨晨は本当にボールペンの自動ペンを買って、私は「昨日の消しゴムは彼が受け取ったのか」と言った。秦晨はうなずいた。午後家に帰ると、秦晨はまた彼女にペンを渡した。 あの女の子は秦晨晨にずっとありがとうと言っていた、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう。

彼女のこのような人助けを楽しむ品質に感心したので、その友情の鎖はもっときつくなった。 クラスは大家族のようだ。ここにはお母さんのような先生がいて、手足のような学生たちがいます。クラスで一番印象に残っているのは楊奕晨です。 楊奕晨は明るい目をしていて、まるで狼のように輝いている。彼は大きな口と真っ黒な髪、そして長い高い鼻筋の鼻を持っている。あのやせた体はとてもやせている。 楊奕晨はめったに怒らないので、彼は私に寛容だ。どれだけ寛容なのだろうか。何も言ってないでしょ 翌日、楊奕晨は私の家に来て、彼はきっと私を罵倒したり、私と断交したりすると思います。しかし、彼は昨日のことは私はもう悩んでいないと言った。碁を打ちましょう。楊奕晨は本当に寛大で、本当に友達だと思います。 私の最も印象的なクラスメートです!彼は私の親友です! 「一年の計は春にあり、一日の計は朝にある」この整然とした朗々とした読書の音を聞くたびに、「朝」を思い出す。 朝は美しく、希望に満ち、活力に満ちており、1日の中で最も貴重な時間は朝であり、一生の中で最も生き生きとした日も「朝」である。朝、煙のように、霧のように、雲のように、人に漂う仙人のような感じを与えます。自然に入って朝の美しさを味わうのは、独特の楽しみではないでしょうか。春の朝、自然のさまざまな生き物が一新され、小鳥は枝の先で陽気で美しい歌を歌っている。木々の生花草地…緑の赤の黄の紫の……どこもカラフルで、ウサギや小鳥、リス、ぼんやりした寝目をこすって目を覚まし、ぴんぴんしている……万物がよみがえる春の朝です。 夏の朝、セミの鳴き声に心が乱れた。炎天下で息苦しくなる。道路には車があふれていて、朝早く、ベッドに横になると車の「ブーブー」という音が聞こえます。枝が茂り、緑の木が陰になる。人々は早く起きて、自分のすべきことをするのに忙しい。夏の朝、にぎやかで、忙しい。秋の朝、涼しい風が吹いて、金色の葉が先を争って地面に落ちて、遠くから見ると金でいっぱいに敷かれているようだ。人々は起きるのが遅くなり、セーターを着ていた。その夜、リンゴ梨ブドウ…防寒着を着て、農民のおじさんは喜んで、待ちきれずに秋の収穫をした。 冬の朝、雪が舞い、枝が枯れ葉が落ち、人々は朝寝坊が好きになり、布団の中に隠れて起きないのが好きになり、みんな綿入れを着て、風邪を引くのを恐れて、子供たちは期せずして一緒に雪だるまを作って、雪合戦をして……その楽しみは尽きない!そよ風が吹いて、空気が澄んで、これが朝で、人の一日の始まりです。 風がかすかに吹いて、私の心もますます楽しくなりました。私は左手におやつを持って、右手に犬の尾巴草をいじって、一人でこの道を歩いています。昨夜は一晩中小雨が降ったばかりだ。道は湿っていて、風は柔らかくて、サルスベリの花の息はこの空気の中に充満して、甘くて、涼しいです。

转身向后望去,一个人也没有,只有草,树,房屋,云和天。可是,我一点也不害怕,只觉得很舒服。我独自漫步着,左右两旁的紫薇花美得让我心生“歹念”。我走上前去,丢下狗尾巴草,摘下一朵紫薇花,在手中把玩。不久,天又下起了蒙蒙细雨。我本想在竹树枝叶的遮挡下,细细品味一下这雨天的韵味。可这天似乎不是很乐意。雨越下越大,我也开始担心起来,万一这雨一直下,可又该如何 于是,我去找了一片很大很大的芭蕉叶。可这芭蕉叶又不乐意了,我在雨中,费了好大好大的劲才把它拔下来。接着,我开始顶着芭蕉叶在雨中奔跑起来。蓦地,我的心中升起一种不可言喻的情感。而使之涌出的,就是这雨,令我无可奈何啊!慢慢的,雨小了,我放下了芭蕉叶,拐进了这条回家的泥路。右边,是竹林;左边,是菜。此番惬意,也真是无法用语言来形容啊!雨,飘在我的脸上,凉凉的,暖暖的。想着,我的发上也夹着些许“白糖”吧! 下了这个坡,就到家了。路边的青苔上,也沾染了那些个“白糖”。翠绿的青苔,让我又是害怕又是怜爱。我怕因她而摔跤,有爱她的娇俏可爱。回到家时,雨已经停了。放下零食,走到院子里,深吸一口气,又长舒了一口气。 这是一个夏末秋初的早晨,天蒙蒙亮,薄雾尚未退去,方圆几里,一片静寂。杨树止住了会吸,柳树也不在舞动,玉米方阵还是整齐的排列在雾中,田间地头的一棵棵野花上沾满了露水。这里没有线条,多了几分朦胧美,渐变美。看那绿,近处是翠绿,接着是深绿,在视野的尽头,又成了墨绿。伸手抓一把雾,全是将要成熟的玉米味。 随着一声鸡鸣,将这寂静打破,一切都变了。一家家的鸡连续叫了起来,风也吹起来了。听,演奏开始了。杨树醒了哗哗的响,满田的玉米叶也沙沙的响起。远处树林里,不时传出啄木鸟的声音,一只只麻雀穿梭于枝叶之间,技术那么娴熟,枝枝杈杈,根本就是他们的道具。几只已有子女的喜鹊,正在边叫着,边喂养子女。几对燕子展示自己精湛的技艺,一会儿紧贴地面,眼看就撞到了墙上,一个九十度急弯,朝天疾驰而去。忽而一个俯冲,忽而一个侧飞,轻快敏捷极了。还有几只不知名的鸟儿,也随着自然的旋律,在树枝上,屋顶上,沙堆旁,展现自己顽皮的天性与歌喉。风吹起来了,雾被吹散了,一切变得清晰起来。柳树开始现舞了,看她那轻柔的身姿,恐怕梅兰芳见了也是叹为观止。 一户户人家里传出了一阵开门的声音,又有一缕炊烟从远方升起,初升的太阳,染红了东边的天空。路上混杂起来,新的一天开始了。

都说一年之计在于春,一日之计在于晨。是啊!这句话说的真对啊! 清晨的细雨。忽晴忽落,把空气洗得怪清凉的。嫩树叶儿依然很小,可是处处有些绿意。含羞的春阳只轻轻的,从薄云里探出一些柔和的光线,地上的人影,树影都显得很微淡的。野桃花开得最早,淡淡的粉色在风雨里摆动,好像媚弱的小村女,打扮得简单而秀美。 细雨过后花儿和小草都舒展着刚刚睡醒的懒腰,眨着朦胧的睡眼。它们告诉我们一天最美丽的时刻——早晨来到了。 在这之前,勤劳的公鸡也开始打了鸣。 清晨的细雨。忽晴忽落,把空气洗得怪清凉的。嫩树叶儿依然很小,可是处处有些绿意。含羞的春阳只轻轻的,从薄云里探出一些柔和的光线,地上的人影,树影都显得很微淡的。野桃花开得最早,淡淡的粉色在风雨里摆动,好像媚弱的小村女,打扮得简单而秀美。 “叮铃铃——叮铃铃—”伴随着闹钟的响声,我从熟睡中醒来,窗外已是拂晓。匆匆洗漱完毕,我换上鞋推开门,我的晨跑就这样开始了。 临近中秋,虽然天已泛亮,但仍有一丝抹不去的睡意。空气中泥土的气息十分清新,令人神清气爽,在潜移默化中慢慢抹去了满眼的睡意。 跑完两圈,全身都出了汗,后背的衣服早已湿透,豆大的汗珠从头上冒出滑过我的脸颊,腿像灌了铅一样,小腿早已早已没了知觉,不时会发软。 我十分想放弃,心想:反正又没人看见,别跑了,这又不是一项作业。但我立刻又想到:不行,别人都在努力,为什么我要选择退缩呢 我不仅要做到他们做到的,还要付出更多的努力,不能辜负了这大好时光。 想到这里,我加大了步伐,加快了节奏,不停地跑:一圈……两圈……三圈……慢慢的,我喘的越来越厉害,腰部也感觉到疼痛,小腿也累得抬不起来了。加油!我在心中暗自念叨。 金色的太阳已经露出了大半,耀眼的光芒,微微的刺到了我的眼睛,但阳光的温暖,一下子在心头漾开,汗水被这些光蒸发至尽,留下的只有一份清凉与舒适,一步一步就这样迎着阳光慢慢跑回到了家里,开始了新的一天的生活。 相关文章: 1.晨雾即景作文400字 2.晨雾即景作文 3.晨雾即景作文集锦15篇 4.初冬晨雾作文 5.都市晨雾作文 6.夏夜即景作文 7.下雪即景作文通用4篇 8.夏雨即景作文通用12篇 9.冬日即景作文


1g

发表评论

Copyright 2002-2022 by 天天顺物流供应链官网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.